FC2ブログ
category未分類

公開してやりました!

trackback0  comment0
今月18日の公開秘密クラブは男子も参加いただき誠にありがとうございました!

もうね。
そりぁあ、アナタね。
大盛り上がりでしたわ。
やはりそこには男女の違いが!
まず、女子のシャベリの速さに男子はついてこれないんですわ。
そうやな・・・
唯一ついてこれるのは、おばちゃんのようなオジサマしかムリでしょう。
おじさんというのは、3つに区分されるんです。
花緒統計やけど。

ひとつは、少年のようなおじさん。
ひとつは、おじさんのままのおじさん。
そして、おばさんのようなおじさん。

自分のおとんで想像してみてくだせい。

おばさんもだいたい3つに区分されるんです。
ひとつは、乙女のようなおばさん。
ひとつは、おばさんのままのおばさん。
そして、おっさんのようなおばさん。

思い当たるフシ、ありませんかね。
花緒、おおいにある。

秘密クラブ公開をしてまたわかったことはですな。
男子はそれほど好みでもない女子から好意を持たれるとさほど悪い気はしない。
というか、できれば多くの女子からモテたい。
しかしですな、女子はといえば、
さほど好みでもない男子から好意を持たれると、

「キモイ」

と言う。
できれは好きな人にだけモテたい。
わがまま。

秘密クラブで話している時、

「どうして女はおんなじ話を2時間も、同じ切り口で、同じ話し方で話し続けられるのか」

という話が出まして。
はい。
花緒が思うにですね、
ここに、間違いがある、と思うのん。

話しているのではない。
喋りたいだけなのだすよ。
だから世の中の男子よ、間違っても彼女の悩み事や愚痴に対してアドヴァイスだとか、
解決策だとか、改善策なんてものを提案してはならないのだ。

ひたすら、聞く。
ひたすら。
同じ切り口だろうが相槌を忘れず、聞く。
そして最後には、頭を撫でて、
「頑張ったね」
と言えばもう女子はそれでいいのだ。
ボンボンバカボンバカボンボン。

具体的な解決策など聞きたくない。
そう。
真実なんて知りたくないのが女子。
話を聞く、ということに意味がある。

だけど、花緒。
全く分からない。
解決、したいやん。。。

スポンサーサイト



 









        
 
http://hanaohadakoi.blog.fc2.com/tb.php/26-e62a3122